© 2016 by Kotoami(WataruAsada)

Media

■レギュラー出演・連載

【新聞連載】読売新聞にてリレーエッセイ連載「My Day, My Way」

読売新聞(近畿版&多分ネット版)のくらしの家庭面にて漫画家の七尾ゆずさんと料理コラムニストの山本ゆりさんと僕の3人のリレーコラム『My Day, My Way』が始まります。また掲載されたらホームページやTwitterやFBでも知らせますのでお楽しみに。

【ウェブ連載】「ウェブ平凡」にて「保活と家族 ーどんな場所でも”親”になるー」(書籍化)

子どもを授かって、一番変わっていくのは何!?
保育、教育、仕事、家族の在り方など、社会のあらゆることが、「自分ごと」として押し寄せるなか、もっとも大切な“親になること”の難しさをリアルタイムで綴る。
「表現と社会」のあり方を見つめるアサダワタルが、いよいよ家族のテーマに切り込む!(概要転載)

【雑誌連載】月刊ソトコトにて「メモリミックス!! 記憶が編みなおされる時」

月刊「ソトコト」(木楽舎)にて2015年4月からから「記憶」×「コミュニティ実践」をテーマにした連載を継続。原稿も20本を超えてきたため、書籍化に向けた動きも始まりそうです。乞うご期待。

【ラジオパーソナリティ】KBS京都ラジオ「Glow 生きることが光になる」

2013年10月からKBS京都ラジオにて放送してきたラジオ番組です。この番組は、障害というテーマに向き合いながら、アールブリュットなど福祉から生まれる様々な表現の可能性についてゲストを交えて語り合う、新しい切り口のトーク番組。社会福祉法人グローが提供元となって、アサダは放送作家 兼 パーソナリティを務めています。放送は毎週金曜21時半〜21時55分。翌週火曜からはポッドキャストも配信中。

【ウェブ連載】「教養と看護」にて「超支援?! 〜支援現場に表現的まなざしを向けてみる〜」

日本看護協会出版会のウェブマガジン「教養と看護」にて。アサダがこれまで実践と研究を重ねて来た障害福祉・支援現場での表現活動の可能性について解き明かしてゆく連載がスタートしました。毎月1日更新です。

【新聞連載】共同通信社にて「日常音楽☆発掘宣言!!」

共同通信社にて2014年に週連載で6本執筆。様々なコミュニティを舞台にしたアサダの音楽プロジェクト・ワークショップ事例を通じて、音楽についての新たな見方を提案。

【ウェブ連載】ele-king Powerd by DOMMUNE にて「借りパク音楽反省会」

借りたまま返せなくなったしまった、つまり「借りパク」したCDやレコードについてのエピソードを通じて、音楽と記憶にまつわる面白い見方を提案。

【ウェブ連載】マガジン航にて「本屋はブギーバック」

動きながら書く活動を続けるなかでアサダが気になった、広義の「本のある場」や「出版」をテーマに取材執筆。実践と思考のフィードバックから見えてくる、もう一つの「本」の風景。

【ウェブ連載】FrazeCrazeにて「kokoima実践レポート ―精神看護と居場所づくりのハザマで―」

建築・まちづくり系の翻訳会社 株式会社フレーズクレーズが運営するオウンドメディアにて。大阪府堺市にて精神看護における新たなコミュニティづくりを実践するNPO法人kokoimaのレポートを、理事として立ち上げに関わって来た内部視点から描く。

Please reload

■寄稿・インタビュー、ゲスト出演など

『住み開き増補版 もう一つのコミュニティづくり』(ちくま文庫)3月11日リリース

December 19, 2019

『住み開き』がパワーアップして文庫になりました。6冊目の単著です。これも機縁か震災から10年目の2020年3月11日に発売です。表紙を飾るのはギルドハウス十日町の方々。解説はこれまでもお世話になってきたコミュニティデザイナーの山崎亮さん。

-------
『住み開き 増補版: もう一つのコミュニティづくり』 (ちくま文庫)
著者:アサダワタル
文庫: 304ページ
価格: 820円+税
出版社: 筑摩書房 (2020/3/11)
電子書籍版も同時発売
-------

NHK総合テレビ 「いまほん」にて、『ホカツと家族』にまつわるアサダのインタビューが放送

March 08, 2020

地で取り上げていただいている『ホカツと家族 家族のカタチを探る旅』(平凡社)。3/9(月)~3/13(金)の11:05~11:54、もしくは18:10~19:00 のどこかで放送されるとのことで、首都圏放送枠であれば「ひるまえほっと」にて、全国地方枠であれば夜もありえます。いつ、どの地域で放映されるのかはお楽しみに!
また、3月1日からNHK総合のネット同時放送が始まりましたので、首都圏の放送枠である「ひるまえほっと」で当番組が放送された場合、ネットでも同時に放送(配信)されますので、ぜひご関心向けてくださいませ。

福井新聞にて拙著『ホカツと家族 家族のカタチを探る旅』の書評掲載

February 29, 2020

新著『ホカツと家族 ー家族のカタチをさぐる旅ー』(平凡社)の書評が掲載。評者はライターの南陀楼綾繁さん。

北國新聞にて拙著『ホカツと家族 家族のカタチを探る旅』の書評掲載

February 29, 2020

新著『ホカツと家族 ー家族のカタチをさぐる旅ー』(平凡社)の書評が掲載。評者はライターの南陀楼綾繁さん。

山形新聞にて拙著『ホカツと家族 家族のカタチを探る旅』の書評掲載

February 29, 2020

新著『ホカツと家族 ー家族のカタチをさぐる旅ー』(平凡社)の書評が掲載。評者はライターの南陀楼綾繁さん。

読売新聞でのリレー連載「My Day My Way」が掲載

February 23, 2020

〝私なりの生活〟をテーマに、料理コラムニストの山本ゆりさん、おひとりさま出産で知られる漫画家の七尾ゆずさん、アサダのリレー連載の8周目です。今回は「住み開き」について書きました。近々、ちくま文庫から出る『住み開き 増補版』の宣伝も兼ねて。京都舞鶴のいさざ会館さんと、島根雲南のつちのと舎さんのことに触れつつ、このコンセプトを提唱して10年経って広がって、いま感じていることを。ぜひ。

日本経済新聞にて拙著『ホカツと家族 家族のカタチを探る旅』のインタビュー掲載

February 14, 2020

2月15日の日経新聞朝刊の読書欄「あとがきのあと」に、拙著『ホカツと家族 ー家族のカタチを探る旅ー』(平凡社)にまつわるアサダのインタビュー記事が掲載されました。ウェブでも読めますのでぜひ。

西日本新聞にて拙著『ホカツと家族 家族のカタチを探る旅』のインタビュー掲載

February 14, 2020

先日北海道新聞さんにて新著『ホカツと家族 ー家族のカタチをさぐる旅ー』(平凡社)にまつわるインタビュー記事が、西日本新聞でも掲載されました。

北海道新聞にて拙著『ホカツと家族 家族のカタチを探る旅』のインタビュー掲載

February 02, 2020

新著『ホカツと家族 ー家族のカタチをさぐる旅ー』(平凡社)を、北海道新聞さんにインタビューしていただきました。ウェブでも読めますのでぜひ。

北海道新聞にて湧別町立芭露学園でのワークショップの様子が掲載

January 30, 2020

北海道湧別町立芭露学園での一週間。校歌を手立てに41人の子どもたちと短期間にしては濃くて不思議な交流ができたと思います。記事ぜひご覧ください。

『ホカツと家族 家族のカタチを探る旅』12月20日に平凡社よりリリース

December 19, 2019

5冊目の単著のテーマは「家族」。これまで表現・アートを手がかりに多様なコミュニティのあり方を現場と執筆を通じてずっと関わって来たなかで、思いっきり自分のプライベートにメスをいれながら、親愛なる「家族」たちを取り上げました。電子書籍とセットで販売します。『ホカツと家族 家族のカタチを探る旅』(平凡社)
アサダ ワタル 著/ 1,800円+税(284ページ)

読売新聞でのリレー連載「My Day My Way」が掲載

November 24, 2019

〝私なりの生活〟をテーマに、料理コラムニストの山本ゆりさん、おひとりさま出産で知られる漫画家の七尾ゆずさん、アサダのリレー連載の7周目です。今回は東京都足立区千住エリアで実施しているアートプロジェクト「千住タウンレーベル」のことを紹介してます。

千住タウンレーベル NewAlbum「音盤千住Vol.2」リリース

September 30, 2019

みなさん、各地でお世話になっております。
2016年11月から足立区千住エリアで活動している街型音楽レーベル「千住タウンレーベル」。2017年12月の『音盤千住Vol.1』(LP盤/100部限定)に続いて、ついに、『音盤千住Vol.2』もリリース。今度は、音楽配信サイトBandcampにて、どこでも誰でも聴いていただけるようになりました。電車の音、飲み屋の雑踏、祭囃子、校歌や子どもたちの声、この街で紬ぎ合わされてきた人々の記憶など、千住をテーマにした、珠玉の(!?)13曲を収録。
どなたでも無料・登録不要でアクセスできますので、以下のリンクから試聴してみてください。https://senjutownlabel.bandcamp.com/releases

NHKワールドの番組「TOKYO EYE 2020」で「千住タウンレーベル」が登場

September 18, 2019

アサダがディレクターを務める「千住タウンレーベル」の活動の一端がNHKワールドの番組「TOKYO EYE 2020」で18日(水)(NHKワールド)で放送されました。番組では「The Soundscapes of Tokyo」というテーマで東京の音風景を取り上げています。千住の食文化ボッタをテーマに創作したBon.Numattaさんや、足立区で長年鉄道の音を録り続けてきた小泉さん、ディレクターアサダのインタビューをはじめ、様々なシーンが登場。

▼「TOKYO EYE 2020」 放送日時(時間変更の可能性有り)

▼-NHKワールド/2019年9月18日(水)8:30 - 9:00 / 14:30 - 15:00 / 21:30 - 22:00 / 2:30 - 3:00
※NHKワールドは、3つの衛星を使って1日24時間、180カ国へ向けて放送しています。 
-NHKBS1/2018年9月20日(金)4:30 - 5:00
下記ホームページからも番組動画を見られます。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/tokyoeye2020/

読売新聞でのリレー連載「My Day My Way」が掲載

August 25, 2019

〝私なりの生活〟をテーマに、料理コラムニストの山本ゆりさん、おひとりさま出産で知られる漫画家の七尾ゆずさん、アサダのリレー連載の5周目です。今回は横浜市旭区にある障害のある方が集うユニークな場・カプカプで実施している表現ワークショップ「カプカプラジオ 」のお話を。

「ラジオ下神白」のPVとウェブサイト公開

June 14, 2019

福島県いわき市の県営下神白団地で展開中のアートプロジェクト「ラジオ下神白」のドキュメント映像とウェブサイト(https://radio-shimokajiro.jimdosite.com)が完成しました。映像は小森はるかさんが担当されています。先ほど投稿した「伴奏型支援バンドのメン募」に関心がある方も含め、ぜひご覧ください。

読売新聞でのリレー連載「My Day My Way」が掲載

May 26, 2019

〝私なりの生活〟をテーマに、料理コラムニストの山本ゆりさん、おひとりさま出産で知られる漫画家の七尾ゆずさん、アサダのリレー連載の4周目です。今回は自分の家族の変遷を通じて感じている「家族のカタチの多様性」について書きかました。

福井新聞に出演したイベントのレポート掲載

March 19, 2019

3/15に福井県の北ノ庄クラシックにて、厚生労働省の進める「障害者芸術文化活動普及支援事業」の一環で、東海・北陸ブロック障害者芸術文化活動広域支援センター(新潟県上越市)ぼシンポジウムに出演した際の記事が、福井新聞の掲載されました。

雑誌『同朋(どうぼう)』2019年4月号の特集ページに寄稿

March 24, 2019

真宗大谷派が1952年が発行している伝統的な雑誌『同朋(どうぼう)』の特集が「コミュニケーションの悩み」ってことで、僕に寄稿の依頼が・・・(最近このテーマの依頼多い)。「自己の記号化」から逃れるための表現、ってテーマで書きました。

雑誌『Discover japan』2019年3月号「新しい社会を創造する職業図鑑」に登場

February 09, 2019

雑誌『Discover Japan』最新号。「新しい社会を創造する職業図鑑」にて文化活動家として登場してます。盟友 発酵デザイナー小倉ヒラク君や勉強家のYOSHIさん(兼松佳宏)も。取材してくださった編集者 鈴木絵美里さん、ご苦労様&ありがとうございます!

アサツー ディ・ケイのオウンドメディア「POSTAD」にてクリエイター鼎談掲載

March 07, 2019

CINRAチームが編集を手がけるアサツー ディ・ケイのオウンドメディア「POSTAD」にて、INTERVIEW「“エモい!”を引き出す音楽の正体とは?若手クリエイターが探る」が公開されました。フジロック(僕は行ったことないんだけど笑)の宣伝PVで昨年大変話題になったある「エモい」映像作品への批評を皮切りに、「音楽と記憶」の関係をひもときながら、今風の「エモさ」を探るというもの。冒頭だけ引用して記事につなぎます。結構面白い内容だと思うのでよかったら嘘だと思って読んでくださ

読売新聞でのリレー連載「My Day My Way」が掲載

February 24, 2019

〝私なりの生活〟をテーマに、料理コラムニストの山本ゆりさん、おひとりさま出産で知られる漫画家の七尾ゆずさん、アサダのリレー連載の3周目です。今回は8年目の3月11日をまじかに控えたいま福島県いわき市で実施している「ラジオ下神白」というプロジェクトから感じていることを簡潔に書きました。

毎日新聞「それぞれの3.11」インタビュー掲載

February 19, 2019

福島県いわき市の下神白(しもかじろ)団地で行ってきた「ラジオ下神白」とその体験からじわじわと深めてきた「復興」にまつわる、「音楽」にまつわる考えを取材いただき、本日の毎日新聞夕刊(全国版)に掲載されました。

読売新聞地域欄に「千住タウンレーベル」が紹介

January 28, 2019

1/27に東京藝大千住キャンパスで開催されたデモ発表会Vol.2の様子が読売に掲載されましたので、よければぜひ読んでみてください。

NHK第一「マイあさラジオ」に千住タウンレーベル登場

January 24, 2019

1月25日(金)のNHK第一の「マイあさラジオ」に千住タウンレーベルが登場(再放送)します。7時45分頃~「金曜さんぽ」のコーナー。キャスターの大久保彰絵さんが千住にいらっしゃって、昨年作成した『音盤千住』に収録された音源をもとに、実際にいくつかのトラックポイントを訪ね歩くという企画です。7分程度の短いコーナーのようですが、朝強い方はぜひお聞きください!

ーー

媒体名:NHK マイあさラジオ

放送日:1月25日(金)朝7時45分頃~「金曜さんぽ」コーナー
キャスター:大久保彰絵
※一般的なラジオでは関東甲信越地域で、インターネットのらじるらじる(またはラジコ)では、
東京を選択していただくと全国でお聞き頂けます。
http://www4.nhk.or.jp/r-asa/
ーー

NHK総合 「はまなかあいづToday」および北各県の「おはよう福島」「おはよう宮城」でラジオ下神白が特集放送

January 22, 2019

ディレクターを務める福島県いわき市にある復興公営住宅 下神白(しもかじろ)団地でのアートプロジェクト「ラジオ下神白 ーあのときあのまちの音楽からいまここへー」が二日間、東北にてNHK総合で紹介されます。2016年12月に初めてこの土地に訪れて早2年過ぎ。富岡町、大熊町、双葉町、浪江町の4町の方々が暮らすこの団地で、住民さんそれぞれの「まち」に対する記憶、思いを、その時代ごとの馴染深い「音楽」の力を借りながら、ときに赤裸々に、ときにおぼろげに、ときに過去に深く潜って、そしてときに歌を口ずさみながら言葉にしてゆく。その語りを収録して団地内限定の「ラジオ」として形にし、そのラジオをきっかけに交流したり、出会い直したり、ときにこの団地の外に飛び出してみたり。そんなことをしてきました。福島県域と東北域限定ですが、お時間あれば是非ご覧ください。

◎はまなかあいづToday
特集・見つめる先に「ラジオ下神白」
日時:1月23日(水)午後6時10分〜7時(うち9分ほど)
放送域:NHK総合(福島県のみ)
◎東北各県の「おはよう福島」「おはよう宮城」など
「ラジオ下神白」
日時:1月24日(木)午前7時45分〜8時(うち4分20秒ほど)
放送域:NHK総合(東北6県のみ)

毎日新聞カルチャー欄にてアサダの取り組みと『想起の音楽』が掲載

January 05, 2019

毎日新聞(大阪版)のくらしナビカルチャー欄にて「音楽のチカラ 新たなアプローチで迫る」というテーマで、国立民族博物館での「ミュージッキング研究会」と、アサダが2012年にアートコートギャラリーで発表した「KPPL 借りパクプレイリスト」と拙著『想起の音楽』が紹介されています。ウェブでも掲載されているけど有料版ですかね。よかったら読んでみてくださいね。

J-WAVE 「ARTS COUNCIL TOKYO CREATIVE FILE」に出演

December 07, 2018

12月8日(土)の11:35-11:45にJ-WAVEの「ARTS COUNCIL TOKYO CREATIVE FILE」に出演します。福島県いわき市の復興公営住宅 下神白団地でおこなっているアートプロジェクト「ラジオ下神白」の話をします。TOKYOで「暮らす」「働く」「学ぶ」すべての人達のための10分間、ARTS COUNCIL TOKYOのプログラムや、東京文化の創造と魅力を探求しファイリングする番組とのこと。

読売新聞でのリレー連載「My Day My Way」が掲載

November 25, 2018

〝私なりの生活〟をテーマに、料理コラムニストの山本ゆりさん、おひとりさま出産で知られる漫画家の七尾ゆずさん、アサダのリレー連載の3周目です。今回は北海道斜里町の知床ウトロ学校で実施した「校歌のカラオケ映像制作ワークショップ」について書きました。近畿版であり、かつウェブでは多分読めないので、周知ふくめアップ。短いコラムなのでぜひ気軽に読んでください。次回は翌年2月末です。

読売新聞くらし面に『想起の音楽』の書評掲載

September 15, 2018

​「音楽が作る「輪」えがく」と題された書評です。ぜひ読んでみてくださいね。

西日本新聞に『想起の音楽』の書評掲載

September 14, 2018

ありがたいです。小倉のスナック銀杏パワーもあってのこと。厳密には職場の大阪市大ではとくに音楽社会学を研究してるわけじゃないのですが笑、まぁええか。明お見知り置きを。

読売新聞地域欄に「千住タウンレーベル」が紹介

September 14, 2018

読売新聞地域欄に「千住タウンレーベル」が紹介。「千住にあふれる音あつめ」と題された記事では、これまでのトラック制作やレコ発イベントについてなど触れられています。現在、第二弾のトラック制作中です。ご関心をば。